診療予約システムで作業効率バンザイ【ぽちっと患者逃さない】

Technology for business

苦痛にさせない

Technology usage

患者が多いとそれだけ待ち時間が増えます。早く病気を診てもらいたい人にとってこの時間は一番苦痛でしょう。そんな時登場したのがオンラインの予約システムです。ネットが出来れば問題ないので操作も楽に行なえます。

Read More

予約してみよう

Technology usage

病院を利用する時には予約が必要になります。診療予約のシステムを導入すれば、病院運営が効率よく回ります。IT開発システムを導入するといった場合には、システムについて理解しなければなりません。

Read More

使い方に注意

Technology usage

全国の病院の中には、電子カルテが導入されているところが存在します。その電子カルテを取り扱うには、もっとも注意が必要なのが管理方法です。遣う場合は、データを間違えて消さないようにしましょう。

Read More

スムーズになる

国保連の伝送ソフトを導入しませんか?保険の請求業務にかかっていた時間と手間を省いて業務を効率化することが出来ます。

診療予約システムの相場

Technology usage

診療予約とは文字通り、病院での診断を事前に予約する事を指します。現代ではこの作業を病院側のコンピュータで一括管理できる様にした、診療予約システムとして行う施設が出てきています。 このシステムでは、通院を希望する患者側が病院のコンピュータへアクセスし、希望する担当科、曜日・時間帯などの情報を伝え、用意された候補の時間帯から選ぶ、という流れで予約します。 こうした診療予約システムは現在、専門のIT業者などから提供されています。業者ごとに料金形態に差異があるものの、一般的には月額単位で数千円から数万円単位での契約を交わして導入するケースが多いとされています。受付業務管理の他、患者への連絡機能やサポートなど、性能によって価格も異なるため、両面を照らし合わせて検討する必要があるとされます。

予約システム導入による影響

診療予約をシステム化する事には、いくつもの意義が挙げられます。 まず第1に、患者側の待ち時間の解消が挙げられます。従来は長い時間待つ確率が高かったのに対し、事前に予約を入れる事で、緊急では無い患者に時間の無駄を与えない様にする事が可能となっています。 次に、診察サイクルの効率化があります。現代では高齢化の流れや生活習慣の多様化・欧米化などの理由もあり、患者数が増える要因がいくつか挙げられます。その一方で、医者の数も増加傾向にあるものの、その担当分野や所在地域の偏りが目立つ様になったとされます。その結果、ある地域や科によっては、医者1人が対応する患者数が多くなりやすい状況となっていました。 そこで診療予約システムを導入する事で、出来る限り時間帯ごとの患者数が偏らない様に医師側の負担を均一化する目的も挙げられています。

自宅での介護が難しいなら八王子の老人ホームに入居させませんか?看護や機能訓練などのサポートがあるので、家族の負担も減ります。

老人ホームを大阪で見つけたいときはこちらの利用がおすすめです。入居が決定すると20万円のお祝い金が受け取れます。

Copyright © 2015 診療予約システムで作業効率バンザイ【ぽちっと患者逃さない】 All Rights Reserved.